2009年01月28日

ケータイソムリエ

01-28-09_1039.jpg

問題の内容的にこの検定に合格しても何ら仕事にはならないような気がしますが…。
その実効力はともかく、本日受検して来ました。

本格的な普及から10年余りが経過し、もはや単なる電話を超えてますます高度に複雑になる携帯電話。
既に各キャリア独自の資格認定制度はあるわけですが、キャリアにとらわれない中立な立場の「水先案内人」と言えるような人材を育成するためにはこういう検定はアリだと思います。

こういう「試験」な雰囲気、久しぶりだったので結構新鮮でした。
まぁ自分の人生や生活に直接関係のない試験だからこんな悠長なこと言ってられるんでしょうけどね。

しっかし、偉そうなこと言って合格してなかったらどうしよう?(←小心者)


終わった後は昼ご飯を食べに、神保町の《天丼 いもや》へ。
受検会場が水道橋だったので、白山通りをテクテク歩いて行きました。
ここの天丼、みそ汁付きで550円と安価なのに天ぷら(エビ、キス、イカ、海苔)は揚げたてでサクサクだし、ご飯はお櫃から盛られるのでパサパサしていないしで大好きです。

食後は腹ごなしと最近の運動不足解消を兼ねて、一ツ橋〜皇居〜日比谷と歩き、銀座へ。
先週《はらドーナッツ》を買って以来ドーナッツがマイブームなので、前から気になっていた《miel》の焼きドーナッツを買って帰りました。

200901281.jpg

で、ようやくレンタル出来た007の前作「カジノ ロワイヤル」を観ながら食べました。

う〜ん、美味しいけどこれってドーナッツじゃなくてマドレーヌに近い気がする。
揚げるのと焼くのじゃやっぱり食感は変わりますね。

よく歩いて心地良く疲れて、ダニエル・クレイグの御姿を拝めて、今夜は良く寝れそうです。
posted by muko-mt. at 19:02| Comment(7) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へー、いろんな試験があるんですね。

僕の地元では、先日「静岡学検定・地場
産業編」みたいな試験があったようです。
次は農林水産編らしいですが^^;
Posted by K.Ryo at 2009年01月28日 20:30
ケータイソムリエ!

先日、お話したときに、もう三菱から新機種が出ないと諦めてたスライド式携帯にも未来があることを教えてくれましたもんね。

で、どんな問題が出るんでしょう??
Posted by ゼロ at 2009年01月29日 00:32
K.Ryoさんへ

「ご当地検定」って言うんでしたっけ?
ちょっと前から各地でやってますよね。
神奈川も今年の秋に第二回があるそうです。

まぁ実際に役立つかどうかは別にして、雑学的な知識は身に付くかもしれませんね。
Posted by muko-mt. at 2009年01月29日 09:32
ゼロさんへ

《P-02A》ね。
確かに形やスピードセレクターがあることは似てるんだけど、三菱時代とはOSが異なるから全く同じ使い勝手とはいかないみたい。

松下はこういうやり方巧いんだよね。
車に例えるとすごーくトヨタ的。

出された問題はねぇ。

・両脇に穴が開いた箱に手を突っ込んで、手触りだけでその携帯の機種がなんだか当てる「ケータイ手触りバトル」
・各メーカーの端末にプリセットされた着信音を聞いて、曲名と機種名を答える「着信イントロクイズ」

のような数々の難問ばかり。


ってことはなくて。
(これはTVチャンピオン「ケータイ王選手権」の問題です)

穴あきの文章があって、その穴を埋める言葉を4つの選択肢から選ぶしごくマジメな問題。

全力で知識を出し切るのが俺の試験スタイルなので、どんな問題があったかどういう回答をしたか覚えてないんだよ〜。
テキストに模擬問題があったから、今度それを教えるね。
Posted by muko-mt. at 2009年01月29日 09:50
年々、機能も、料金プランも複雑になる日本の携帯。ケイタイソムリエになった後でも、勉強の日々ですね。きっと。

俺は良くわからないので、ドコモのNをずっと使ってます。
Posted by 海彦 at 2009年01月29日 10:13
機能も料金プランも年々目まぐるしく変わる日本の携帯のケイタイソムリエ。受かった後でも、日々勉強なんでしょうね。

俺は良くわからないので、疑問もなくドコモのNをずっと使い続けてます。
Posted by 海彦 at 2009年01月29日 10:16
海彦さんへ

レスが遅れてすみません。

そうですね〜、今回の問題もテキスト上に書いてあることと現状のサービスが微妙に噛み合ないことがあったりして、戸惑いました。
テキストが発行されたのは去年の11月なのに、たった数ヶ月で変わってることもあるんですよね。

PとNは根強いファンが多いですね。
「折り畳み」のイメージから脱皮しようとしている今回の「N-01A」の挑戦は面白いと思います。
Posted by muko-mt. at 2009年02月04日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。